cocoon雑感
twitterに投稿していた雑感です。
twitterだとまだ読んでいない人にも触れてしまうので、こちらに移しました。
内容に触れているので、読みたい方だけどうぞ。
たまに追加するかもしれません



改行なしでよみにくくてごめんなさい!



cocoonの感想ありがとうございます。フィクションといえどたくさんの人の死のうえに描いた作品なので、これからもずっと抱えていく責任があります。なにがあっても守り抜かなければと思っています。「海から36km」も「O原の夢」も同じ。@COCOON_info #cocooninfo

ブログなどにcocoonの感想を書いてくださった方、ぜひお知らせください。本が品薄のまま世の中から消えてしまう瀬戸際なので、、出版社の良き判断材料となりますよう応援いただければ嬉しいです。 @COCOON_info #cocooninfo

「きいろいきもち」は怖くは描かないのでご安心ください。「cocoon」、小文字なのは繭が欠けて転がっている感じを出したかったからです。ひきつづきご感想おまちしております! @COCOON_info #cocooninfo

は じめて賛否両論の波にもまれています。けっこう前から自分でも心配していて、深呼吸や怒りを抑える方法など練習していたのですが案外平気です。いまできる ことで描ききったし、それもまたそうねと思ったり。どうしても我慢ならないひとには夢の中で鋼鉄の角砂糖を投げております。

好きだといいすぎると読む気が失せるといわれてしまったので反省しつつ。ぜひ感想やブログ記事などこちらにお寄せいただければ嬉しいです。 @COCOON_info

沖縄にルーツをもつ担当女史の熱意と、完璧な装丁をしてくださったデザイナーの川名さんのおかげでいろんな方に手にとっていただける1冊になりました。自分の力不足をおふたりと読んだ方の想像力で補っていただいている気がします。@COCOON_info

異色作ではなくて表裏だということ、いまは何も言えない人たちの話だからこそおしゃべりさせたこと、少女の求める美しさはおぞましさの上に成り立っていること、一人の完全なハッピーエンドのことなどなど。描きたいことがたくさんありました。 @COCOON_info

cocoonの発売から1週間経って、たくさんの素敵な言葉をいただいたり、それと同じくらい重くなる言葉にも出会いました。いろいろ言いたくなってしまうけど、じぶんのなかの真実というのはすぐに変わってしまうのでやめた。

ただいまtwitterに寄せられたコメントを、書店用POPに使用させていただけないかひとりずつお願いしています。皆様ご協力どうぞよろしくお願いいたします。@COCOON_info

cocoonの読み方が男女で全く違う。女の子は人形遊びをしながら頭をすぽんと引き抜いたり、動物パンを食べるのがかわいそうになって放置してカビを生やしたりという思い出をお持ちだと思います。甘みが過剰になると苦みに代わること。@COCOON_info 1:19 PM Aug 13th webから

正直なところ、あまりの凄惨さに面倒なことに巻き込まれたくないなあとぐるぐる考えていました。でも答えじゃない部分で描けることがあるし、戦争に別の主題を重ねることで自分のエゴもみたすことが結局は生き延びることだし、誠意なのではとも思いました @COCOON_info

表札にしたいくらいです “@COCOON_info: COCOON第一話目のネームを持ってタイトルロゴを川名さんにお願いしに行ったら、その場でサラサラーっと案を描いてくれました。それが今のCOCOONロゴです。今日さんもとても気に入ってくれてます。”

cocoon、みたことのないたくさんの丁寧な感想をいただいて嬉しいです。ほんとうに描いてよかった。品薄のところもあるようで申し訳ないです。ただいまサイン本で書店巡り中。http://amzn.to/9fC2rz

戦争がいい悪いというより、cocoonの連載中は、主人公のエゴ貫徹に注目して描いていました。自分の考えることはどうでもいい、ただ良い道具になりたいとのたまう一方で、こういう漫画を描いたら嫌われるんだろうなあと考えるわたしのエゴと一緒に。

「cocoon」の感想、ありがとうございます。発売から1日でこんなにたくさんの感想をいただいたのは初めてで、迷ったけど、本当に描いて良かったと思います。静かに、何かのきっかけになればいいと願っています。http://amzn.to/9fC2rz

筆タッチなので紛らわしいかもしれませんが、cocoonはもともとモノクロ連載です。カラーはあの2ページくらいだったので書籍でも生かしていただけて良かったです。

「cocoon」本日発売です。解説はあとがきに代えさせていただきますが、少しでも実際にその場にいた女の子達の痛みとか悔しさを共有できれば。ひっそり、静かに伝え広がっていくといいなと思っています。ナタリーに紹介していただきました http://bit.ly/bzAscb

「cocoon」、明日発売ですが、昨日あたりからちらほら書店に並んでいるようです。「センネン画報その2」とセットで読んでいただければ裏表というかんじになると思います。この2年のじぶんなりの集大成。http://amzn.to/9CR2rt

cocoonの読み方が男女で全く違う。女の子は人形遊びをしながら頭をすぽんと引き抜いたり、動物パンを食べるのがかわいそうになって放置してカビを生やしたりという思い出をお持ちだと思います。甘みが過剰になると苦みに代わること。@COCOON_info

正直なところ、あまりの凄惨さに面倒なことに巻き込まれたくないなあとぐるぐる考えていました。でも答えじゃない部分で描けることがあるし、戦争に別の主題を重ねることで自分のエゴもみたすことが結局は生き延びることだし、誠意なのではとも思いました @COCOON_info

表札にしたいくらいです “@COCOON_info: COCOON第一話目のネームを持ってタイトルロゴを川名さんにお願いしに行ったら、その場でサラサラーっと案を描いてくれました。それが今のCOCOONロゴです。今日さんもとても気に入ってくれてます。”

cocoonが好きすぎて何度も読んでいます(ほんとうにばかですね)。自分では戦争漫画ではなくて過酷な状況下でエゴを貫く漫画のつもりだったのですが、そうでもないみたいです。いろんな人の解釈をきくのが面白いです。男女でよみかたがはっきり分かれたりする。

cocoon、みたことのないたくさんの丁寧な感想をいただいて嬉しいです。ほんとうに描いてよかった。品薄のところもあるようで申し訳ないです。ただいまサイン本で書店巡り中。http://amzn.to/9fC2rz
by miootk | 2010-08-20 06:00 | NEWS
<< うちにかえりたくない 四角と球体 >>